紫外線の種類

「紫外線」の種類

地上まで届く紫外線は波長の長さによってUVA・UNBに
分けられ、それぞれ違った特徴があるようです。

UVA(紫外線A派)
地上に降り注いでいる紫外線の95%を占めていて
肌に急激なダメージを与える作用は弱いそうですが、肌に蓄積していき
ゆるやかにそして確実にダメージを与え、数日後に肌が黒くなる
日焼け(サンタン)を引き起こすそうです。
肌の奥の真皮まで侵入し、コラーゲンなどをどんどん破壊して
肌がハリや弾力を失っていくそうです。


UVB(紫外線B派)
地上に降り注ぐ紫外線の5%と量は少なく、表皮までしか
届かないそうなのですが、肌への作用が強いため
短時間で赤くなってしまう日焼け(サンバーン)だけでなく
後から黒くなってしまう日焼け(サンタン)も引き起こすらしく
炎症やシミの原因となるほか、肌表面の表皮細胞やDNAを
傷つけることもあり、肌だけでなく身体全体への影響が強いそうです。


上手く紫外線と付き合うための工夫
・無防備に紫外線を浴びないこと
・日焼け後は、」スキンケアで肌にうるおいを与えること
・しっかりした睡眠、ストレスを溜めない、バランスの取れた食事、
 ビタミン摂取も必要

紫外線・・・知れば知るほどちゃんとした付き合い方が必要ですね。

この記事へのコメント